« 梅雨入り | トップページ | 本マグロの季節! »

2006年5月15日 (月)

本土復帰記念日

今日5月15日は沖縄が本土に復帰した日の記念日。今年で34回目。つまり私よりちょっとだけ上の世代の人までは、沖縄がアメリカ統治下にあった時代を経験しているということだ。統治下に置かれるまでの経緯は違うけれど、『半島を出よ』を今読んでいるところでもあるので、実際にまたどこぞやの国(軍)に侵攻されちゃったらこの石垣なんてイチコロだよなーと思うと、過去のお話、ってだけでは済まないぞと感じます。まー、アメリカ軍の基地はは負担軽減に向けてといったって沖縄がメイン、メディアはフロリダのマナティは動物番組なんかで取り上げても沖縄のジュゴンは無視してる雰囲気バリバリだし、しょせん日本ってモノゴトが東京から遠ければどうでもいい扱いするからね。石垣なんてさっさと見限られるんだろな。そしたら本に出てくるみたいに、支配する側になびけばいいのか~?

|

« 梅雨入り | トップページ | 本マグロの季節! »

コメント

だいぶ読み進んだようですねー。
文学作品としては、説明が多すぎますが
あの膨大なリサーチには頭が下がります。
もしあんなことが実際起こったら
ホント石垣なんて3秒でのっとられますね。
陸上封鎖しなくていいだけ、政府は楽だけどね?

投稿: hime | 2006年5月16日 (火) 11時43分

無事読み終わりました。
なんちゅうか村上龍といえば、ってな感じで
描写がいつもどおり細かいねぇ。情報量の多さ
に最初なかなか読み進められなかったよー。
経済的な背景といい、キャラクターの背景といい
それぞれが重たかったっす。日本人の属性も
うまく表してるよね。
にしても、妙にリアルでいやだなー。

投稿: さくらンボー | 2006年5月16日 (火) 19時04分

アイデンティティーが希薄な日本人の特徴がうまく描かれていて、その辺はさすがだと思います。
「愛国心」という言葉を法律に盛り込まなければならないような国には未来はないわい・・・・。
ギリギリの所で生きている某国の兵士から見たら
日本人の薄笑いは気持ち悪いの一言だろうね・・・。

投稿: ひめ | 2006年5月18日 (木) 12時46分

愛国心(笑)
今、小学生とかじゃなくって良かったよー。
国歌斉唱で歌わない先生は処罰、とか
あほらしー。
しょせん、お子ちゃまなんだよね。

投稿: さくらンボー | 2006年5月19日 (金) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176248/10082773

この記事へのトラックバック一覧です: 本土復帰記念日:

« 梅雨入り | トップページ | 本マグロの季節! »