« とうがらし | トップページ | お赤飯たく? »

2008年4月 3日 (木)

テビチでお肌ぷるるん

Dsc05753

キョウコ先生のおうちの冷蔵庫に友人がテビチを置いてったそうな。居酒屋で頼めばいいものを、豚のあんよそのものを買ってきて調理しようと思い、でも時間切れで島を去ったらしい。「テビチ食べられる?」って聞かれふたつ返事で「食べる食べる」と答えてみたら、鍋ごと持って来てくれた。冷えたテビチはゼラチンがこちこちにかたまっていて、鍋が揺れても問題なし。あっためたらすぐに溶けた。ここ数日、実はテビチが食べたくて、でもそのために居酒屋行くのもなぁと思っていただけに、グッドタイミング。煮込んでるときはにおいがきつかったらしいけど、よーくあくを取った後では、おいしいテビチ煮になってました。

テビチだけじゃおかずにはならないので、もう一品はコロッケ。なんてことないポテトコロッケ。普通味とカレー味。なんてことないコロッケだけど、おうちで揚げたやつってさくっさくでうまうま。残りはお昼にパンに挟んでコロッケパンにしました。

コロッケで思い出したけど、石垣に二台ほど残っているコロちゃんコロッケの屋台。本社はとっくにつぶれてしまっているだけに、いつあれが片付けられるんだろうと見かけるたびに思う。

『きょうの猫村さん』。
ぱっと見、へたっぴな絵なのに、これがすっごい猫をうまーくとらえてて面白い。水洗トイレで流した後も思わず床を掘っちゃう猫村さん、まるでサクが洗面所で用を足すときに無駄に頑張るなんちゃって砂堀みたいで笑える。

|

« とうがらし | トップページ | お赤飯たく? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176248/40751225

この記事へのトラックバック一覧です: テビチでお肌ぷるるん:

« とうがらし | トップページ | お赤飯たく? »