« 儚い一夜の美 | トップページ | コナツ抜糸済み »

2008年7月30日 (水)

VOGUEが似合う女

24のシーズン6に突入。このシーズンはなんだか小手先での立ち回りが多くてスケールの大きさが感じられない。。拷問だとか核兵器だとか射殺だとかをこれまでにも増して軽々しく扱いすぎだよ。

この前読んだ本。梁石日の『闇の子供たち』。取り扱っているテーマは東南アジアの幼児買春と臓器売買で、小説仕立てではあるけれど、数値レポートや論文を読むよりもずっとリアリティを伴ってます。今や腎臓や角膜なんかじゃおさまらず、それこそ全身のパーツが切り刻まれて商品になってしまう時代。誘拐や自分の親に売られることで、まだ幼いうちに女の子だろうと男の子だろうと体を売らされて、さらに臓器までも売られてしまうなんて、ありえない、と思いたいところだけど現実なんだよね。インド洋での津波のときや今年のミャンマーでのサイクロンのときに、消えた子供たちがそういう世界に連れて行かれたといわれていたけど、それくらいこのブラックマーケットは無視できない存在になっているわけで。貧しいこととそこから抜け出すための教育がないことで、お金のある人たちの犠牲になるのって不平等すぎる。表現はえぐい部分があるけど、読んでおくべき本だと思う。

Dsc07112ハニーへ。心の底よりお誕生日おめでとうございます。そしてブックスタンドや雑誌などなど、プレゼントすべきはこっちなのに、されちゃって、ありがとう。されて気づいたもん、ああそうかって(笑)

三十路街道を仲良く進みましょうねv VOGUEが似合う女になろうね。ぷ。

|

« 儚い一夜の美 | トップページ | コナツ抜糸済み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176248/42013871

この記事へのトラックバック一覧です: VOGUEが似合う女:

« 儚い一夜の美 | トップページ | コナツ抜糸済み »