« on Christmas | トップページ | ランカ製お年賀 »

2009年12月27日 (日)

1Q84 Book1&2

1q84

それはそれはたくさんの人が読んでいるらしい『1Q84』を読んだ。村上春樹作品は過去数冊読んでいるけれど性に合わなくて、饒舌なせりふにうんざりしたり、いつも主人公が才能に溢れまくっちゃっていて、早熟で大概何の過程も経ずにナイスバディな女の人をあてがわれちゃっていまいち心理がわからないことが多すぎてイライラしたりするんだけど、これもまあ似たようなもんだった。ただし、サスペンスチックで純愛ありでファンタジックでリズム感よいから、随分読みやすくて俗っぽくなってる分受けがいいっちゃいいんだろう。ブラジリアンワックスもどきの17歳の美少女と・・って男の人の願望なのかしらん。尻切れトンボだからBook3までないとファンタジックな部分が内包してるものが分からん。

|

« on Christmas | トップページ | ランカ製お年賀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176248/47138032

この記事へのトラックバック一覧です: 1Q84 Book1&2:

« on Christmas | トップページ | ランカ製お年賀 »