« 宮古島遠征記July7-11① | トップページ | 宮古島遠征記July7-11③ »

2012年7月13日 (金)

宮古島遠征記July7-11②

9時を目安にまずは空港へSちゃんをピックアップしに行く。まだどこに行くにも時間の感覚がないので、大幅遅刻かと思いきや20分ほどで到着。間に合った。ここから先の運転はハハからSちゃんにバトンタッチ。

Dsc02958

砂山ビーチ。ここは、文字通り砂山を登っておりていくビーチゆえ、私は車内で寝転がってセミが飛び交うのを眺めてみんなが汗だくになって帰ってくるのを待っていた。

先月までの日経の夕刊コラムの挿絵って砂山ビーチだったと思うんだけど、宮古に行くと決めて下調べするまでは当然そんな事知るわけもなく、でも一旦認識しちゃうとコラムよりそっちに意識が飛ぶようになって、脳みそってゲンキンよねって思っていた。今はブルドッグに変わっちゃったけど。

Dsc02968

宮古島マモル君もどき。

Dsc03008

池間大橋を渡って池間島をぐるり。さとうきび畑が広がる島。宮古側に戻ってきたところで水分補給タイム。外に出て大神島を眺めようと顔を向けたら、ん?虹??

Dsc03011

日暈と環水平アークがダブルで出現。

本島近くの久高島が聖なる島として有名だけど、この大神島もそんなところらしく島にはたくさんの御嶽があり、外部には伝えてはならない祭事があり、入ってはいけない場所がたくさんあるそうな。

この日この時の太陽の角度と大気中の氷の粒の存在がこの現象をつくりだしたのだけど、大神島という場所が場所なだけに、ありがたや~と思うことにしてしばし見入っていた。目に辛いのでサンバイザー越しに。

Dsc03013

西平安名崎をお散歩。

Dsc03025

熟したあだんの実。そして花。

Dsc03033


Dsc03035

ランチはすむばりで、名物のタコを使ったタコそばやすむばり丼。

Dsc03064

海中公園へ。昨年4月にオープンしたという新しい観光スポット。健康広場だとか、花の迷路だとか、なんたら観察場だとかいかにもお役所が考えデザインしそうな、ちょっとお金はかけたけどあとどうするの?っていうにおいがする広々としたパーク。海中公園はオトナ1名1000円と結構いい値段。まあせっかくだからと4人で行くことにした。

11m分の階段を降りていくと水深4mの海の底へ。階段には昇降機もついていて5分かけてゆっくりと降りていける。おじいちゃんおばあちゃんも来るらしく、毎日昇降機が活躍しているそうな。

Dsc03067

去年のオープン時にはシャコガイがたくさんついた岩を配置してあったらしいけど、1か月後に来た台風でそれらはすべて流され消えて、今は海底はガレ場が広がっている感じ。それでも魚はいろいろいて、濡れずに酔わずに息も普通にできて自然の海の中が覗けるのは楽しい。

シャコガイもその後自然についたのが出てきたらしく、岩に幾つかついていて時折貝の口がフルフルっと動いていた。

ここ、楽しい。

Dsc03073

思わず長居をしたのでこの辺でドライブ終了。街なかに寄ってサンエーで夕飯の買い出し。宮古のサンエーはちょいせせこましいか。街も石垣ほど開けてはいない。

Dsc03086

吉野海岸でシュノーケルをして本日の夕飯は伊良部のグルクン、宮古のカツオの刺身、サラダと焼いたナス。

|

« 宮古島遠征記July7-11① | トップページ | 宮古島遠征記July7-11③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176248/55209662

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島遠征記July7-11②:

« 宮古島遠征記July7-11① | トップページ | 宮古島遠征記July7-11③ »