« 屋久島もののけ旅2 | トップページ | 屋久島もののけ旅4 »

2013年10月21日 (月)

屋久島もののけ旅3

2日目は午前中はゆっくり朝ごはんをとり、休憩してから安房の集落をぶらつく。女帝は早朝から登山弁当を持ってモッチョム岳へ行っている。

Img_2200

隣のテーブルのカップル見ると、おにーさん、メザシの頭も骨も内臓も残してる。そこが旨いのにもったいない。

Dsc00402

Dsc00424

Dsc00431

朝日が山にさす。千尋の滝。(私はベッドの上)

Dsc00467

下山後、千尋の滝にて待ち合わせ。よく晴れ渡った空に、あいにくモッチョムの上にだけ薄く雲がかかっている。この山は頂上付近はロッククライマーがよだれ垂らしそうな岩山になっている。どうやら頂上あたりはロープでその岩を登るらしく、足を置くとっかかりがないような岩で、女帝が頑張ってあのガタイを持ち上げてきたらしい。降りるときに滑って膝に穴開けて帰ってきた。

Dsc00481

ホテル前のビーチ。

Dsc00497

快晴すぎる空。
Dsc00499

港。

Dsc00506

安房川の河口。

Dsc00508

安房は静かな集落。屋久島で2番目に大きいといってもあまり人の気配を感じない。

Dsc00510

ちょっとカラーがレトロなモスバーガー。焼酎三岳の張り紙がしてある。

Dsc00517

モダマの自生地の北限がここというので「→200m」の標識に従って歩いていくも「ここ」という標識がなく探せず仕舞い。集落に観光案内所があったから入って聞いてみると、民家の庭にあるらしく分かりにくいと。「これはここのモダマではないし今は季節ではないけど」と鞘入りのモダマを見せてくれたが、んー、モダマ自体は別にいいの、単に北限記念をと思っただけ、と説明するのもめんどくさいので、ありがたく見ておいた。

小さなケーキ屋さんがあったからマフィンを買っていく。

尾之間にある草木染めのお店を探しにいく。探せたけどお休み。

千尋の滝にてマフィンをランチにして、女帝の下山をのんびり待つ。ここはトイレもあるから安心。水音聞いてても安心。

Dsc00528

カマキリ食べてたのはヤマガラ・・?

Dsc00531

千尋の滝は、一枚岩のすべすべ感と広さが五感に響く。

Dsc00538

山ひとつ制覇してきた女帝はまだまだ元気いっぱい。芳醇なかほりの登山靴を車内に置いて島一周の旅にでる。

日差しが強烈。

海中温泉。

Dsc00550

干潮前後2時間なら入れます、という温泉。翌朝の干潮時間を狙ってふたりは朝早くここにまた行った。

Dsc00552


Dsc00556

タイドプール。

Dsc00557

大川(おおこ)の滝。車イスの幅に対し絶妙な幅の通路が滝に通じている。ここの滝はやたら人がたくさんいる。滝壺に手軽に近寄れるからか。

Dsc00572


Dsc00575

滝見てるうちにトイレに行きたくなる。が、一見立派なトイレはあるものの、和式のみで使えず。チーン。

西部林道を走る。ここは屋久猿と屋久鹿がたっくさんいる。

Dsc00608


Dsc00610


Dsc00611


Dsc00614


Dsc00620


Dsc00622


Dsc00625

いなか浜。波の激しさに近寄れず、遠巻きに見ていた。アカウミガメの産卵地。

Dsc00636


Dsc00638


Dsc00658

口永良部島が見える。

Dsc00668


Dsc00675

宮之浦の街を通り過ぎ、安房へ。島一周ツアーおしまい。

Img_2208

夕飯のメインはキビナゴのお刺身。

|

« 屋久島もののけ旅2 | トップページ | 屋久島もののけ旅4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176248/58421560

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島もののけ旅3:

« 屋久島もののけ旅2 | トップページ | 屋久島もののけ旅4 »