2018年6月27日 (水)

台北-女三世代旅PartⅢ-④

台北で目覚める3回目の朝。天気予報だと午後に雨の時間帯もあるので、まずは午前中少し遠出をして、食器を見に行き、午後はまた市内中心部でうろついて、ひたすら台湾名物を食べることにした。

前夜に下唇に出血を見たオニコの傷はというと、まるで何事もなかったかのごとく、ツルッツルのきれいな粘膜になっている。一晩ですっかり癒えていた。最近ちょっとした切り傷や蚊に刺された痕がいつまでも残るようになった私からすると、この再生能力の高さは羨ましい。

ホテルでタクシーに乗る。運転手のおっちゃんに○○に行きたいとE子が告げると、今は食器見に行くならそっちじゃなくてもいい、こっちにしろと言う。ホテルのスタッフはそんなことないと言いたげだけど、おっちゃんの押しに負けて、言う通りにした。

P6190159

走ること10分やそこらで、おっちゃんが、ほらこの辺にそういう店があるだろ?あの辺りに車を停めるからなと言って降ろされた。確かに高架下には店が並んでいて、確かに厨房機器やなんかが見えるが、食器は?え?もしかしてほんのわずかにある、プラスチックのチープな皿とかカップを意味してる?と思った時にはおっちゃんはもう去っていた。業務用厨房機器、つまり冷凍庫やテーブルやでかい鍋やなんかを見に来たんじゃないのになあ。遠出して川の向こうに行くのを拒否された模様。

ま、仕方ないねと、ぷらぷら歩く。界隈の雑多でお世辞にもキレイとは言えない店の並びに、突然、豆漿と書かれた改装したばかりと思われるオシャレなお店が通りの角にあった。爽やかなお兄さんがカウンターにいたので、豆漿を試飲させてもらう。豆豉も味見する。お土産に持ち帰る。

P6190160

地図を見てどこに向かうか定める。

少し距離はあるけど、雑貨屋さんがありそうな界隈に向かうことにする。

P6190162

パパホエールという小洒落たホテルを通過する。ここ、西門町。世はサッカーワールドカップが始まったところ。

P6190165

ポツポツ雨が降る。

P6190166

ビル壁に取り付けられたエアコン室外機の数々。落っこちてきそう。

P6190169

魯肉飯のお店発見。ごはんにひき肉が乗った丼。塩辛いイメージで口に運んだら、予想外に優しい味で、あとを引く。

P6190168

P6190171

麺もスパイシーだけど塩辛くないから食べやすい。

台北の歩道は、ビルが並ぶところでは軒先を深くして屋根をつくり、足元は1店舗ずつ床の高さを違えていても必ず隣同士スロープをつくっていて、陽に当たらずに、もしくは雨に濡れずに進むことができる。スロープは滑らか。これはバイクが多いからなんだろうけど、台北全般にバリアフリー感が強いのは、陳水扁さんの奥さんが車いすを使うからかなと思う。設計の段階の思想みたいなものを感じる。

歩いているうちにハハの脳内から雑貨屋さんに向かうことが消えて、胡椒餅を買いに行くことに置き換わっていた。いきなり違う方角に向かい始め、いきなり胡椒餅に話が飛んで、E子がムカーっと来てプチっと切れた。どうして決めたことをひっくり返すの?と。ハハは悪気はないのだけど、去年台北で自分が行ったお店に一種の守備範囲内の気持ちがあるから、そこに行きたいとなったら、行かないと落ち着かない。オニコは、ねえ!喧嘩してるの?お話してるの?ばあばを怒らないでと言う。喧嘩じゃないよ、お話だよと言って、兎にも角にも胡椒餅屋に向かうことにした。


P6190174

ハハが去年来た胡椒餅屋が見えて、「テリトリー内にいる」という安心感から俄然元気になる。ふたつ買う間、オニコはトイレへ。このトイレはだめ、あのセブンイレブンはトイレはない、さあどうしようとなって、ハハが三越がこの先にあるからそこに行くといいよと言った。無事トイレ終了。ハハ、これを手柄話として帰宅後リピート中。


P6190175

いったんホテルに撤収。胡椒餅は、スパイシーなハンバーグが小麦粉の生地に包まれてる。食べ進めるとスパイシーさが効いてくる。

お昼寝タイム。

P6190180

4時頃、再度お出かけ。行き先はまたもや龍山寺近辺。剥皮寮でまた休憩。一回行ったとこをまた行くのもオツなもの。目が慣れると最初とは違うものが見えて来る。

P6190181


P6190184

夜市を冷やかして歩く。

路上に広げたシートの上に、どう頑張って想像力を膨らませてみても一文の値打ちもない、ガラクタらしいガラクタがたくさん並んでいる。相当酔っ払ってるか、罰ゲームか、はたまた売り手のおっちゃん達とのやり取りを楽しむか、劇で蚤の市を再現するか、それ以外にこのガラクタを買う機会はなさそう。これだけのものを毎回広げて仕舞うだけでも相当な労力だよねえ、実は何か別のものを売ってるのかねえと言いつつ、横目で流して行く。この通りには、かなり年齢がいっている女性が、それらしき服を着て暗がりに立っている。多分、春を売っているんだろう。屋台の中で断トツの人気を誇るのはカットされたスイカだ。みんなむしゃぶりついている。

P6190187

石垣でも夜市を真似して桟橋マーケットなるものを港で何度か開催しているけど、あんまり中身が伴っていない。オシャレ感を出そうとしてるのが見えるものの、アジアの屋台を謳うとなると、なんか違う。参加屋台数も少なく、値段は高めで、さっと見て終わってしまう。自然発生的な市のにおい、雑多な雰囲気、そういうのがイベントだと出ないんだろう。道交法で公道を遣うことを一律に禁止してる限り、取って付けたような夜市になるのはしょうがない。

P6190188

金城武とぶつからないかなあ。

P6190190


P6190192

肉まん屋さんがあったので、高菜饅と海老餃子を注文する。この高菜饅がめちゃめちゃおいしかった。なんといっても塩辛くない。高菜シャキシャキ。オニコに、今日は何回ごはん食べるの?とあきれられる。

P6190197

夕方の日を浴びる龍山寺を、今度は正門から見る。富貴吉祥の文様を眺めご利益に預かるよう、おねだり。電光掲示板が、ちょい興ざめだけど。

P6190205


P6190206

華西街夜市のアーケードに入る。

マッサージ屋さんがたくさん軒を連ねている。美容系の店内の床では、何人もの女の人が車座になってネイルをやっている。蛇を食べられる店もある。

P6190208


P6190209


P6190214


P6190215


P6190217

粥店があって、なかなかの賑わいを見せていたので、ここでお夕飯を取ることにした。路面に並べられた簡易テーブルに、適当に頼んだお惣菜とお粥を置く。周りではご飯やお粥に揚げた魚を乗せて食べてる人が多い。お店のお兄ちゃんが簡単な日本語を話すので、聞けばAさんという彼女が東京にいるらしい。彼女もここのお惣菜食べたことあるのかな。賑わってるだけあって、なんてことないお惣菜だけど、どれも美味しかった。

P6190221

ジュース屋さんでミックスジュースを飲む。搾りたての新鮮なジュース、うまい。日本だとフレッシュな果物があまりにも高級すぎて、こういうジュースもなかなかない。

P6190223

P6190230

艋舺公園で何するまでもなく集う地元民に混ざって、日暮れどきのひとときを過ごす。そのうち、噴水ショーが始まる。おっちゃんに、日本人か?と聞かれ、日本人だと答える。何かわわ〜っと言われるけど、すまぬ、中国語も閩南語も分からない。E子が、なんで言葉が通じないのにああやってずっと話し続けるのかね、意味ないでしょ、理解出来ないと言う。非言語コミュニケーションってもんがあるでしょ、黙り込むよりよっぽどいいよ、返答なくても話し続けるのは人間性あるよと思う。

お菓子屋さんを覗いて月餅や大福を買う。店のおじちゃんもおばちゃんも、雰囲気が懐かしい感じ。応対が柔らかい。

ホテルに帰る道すがら、本屋さんがあったからのぞいていく。どうやら教科書や参考書、ドリルの類が置いてあるっぽい。E子は、じゃあ先にホテルのケーキ屋さん見に行ってるね〜、ごゆっくり〜と別れる。ハハ、こうなるともう途端に焦りの境地に陥る。私は本をちょっと見てみようと思ったのに、ハハは即出てしまう。行き当たりばったりの、目的が見えないことに時間を取ることへの怒りがすごい。spontaneousなことが受け入れられない。初めて入る店で、私も何がどうとは言えないのに、目的を言え!!っと路上で叱られる。もういいや、と、ホテルに行こうと言うと、今度は猛然と店に戻る。オニコがこれを見て、あ!車にひかれる!と思ったらしい。確かに危なかった。。何はともあれ、数冊、面白そうな本を買って来た。無駄に命がけ・・。

オニコは心配でホテルの部屋には戻らず、外で待っていた。

夜食にケーキを食し、1日が無事に済んだことをお祝い。

P6200231

4晩お世話になった変圧器。これのおかけで呼吸ができました。ありがとう。

最終日は帰る移動のみ。

P6200233

ホテルから桃園の空港へは、予め予約しておいた送迎車で向かう。空港でチェックインを済ませ、Wi-Fi端末を返却し、出国手続き。

オニコ、荷物を乗せるカートに乗りたくなって、乗る!乗る!と言い張る。乗る!ダメです!乗りたい!絶対にダメ!乗りたい!これは人は乗っちゃいけないやつなの!乗るーー!乗れません、ルールです!

私とハハは係りの人に連れて行かれて、待合室までひたすら移動。途中、お土産見るチャンスもなかった。E子はきっと免税店で何か買ってくるだろうと思いきや、オニコが全く店に寄られせてくれず、こちらも全くお土産見るチャンスなく。待合室から近いとこで肉まん買って軽食にした。

待合室で再びオニコと会って搭乗を待っている時に、カートの件を持ち出して来て、あの時はどうしても乗りたかったんだけど、ママにダメって言われたの。あれは人は乗っちゃいけなかったんだね、と語って来た。ちゃんと自分の中で折り合いをつけたらしく、話をまとめていた。よろしい。

P6200241

チャイナエアラインは帰りもほぼ台湾人客で占められていた。石垣に着くと、ターミナル出たとこでクラブメッドの出迎えがある。なるほど、みんな家族連れでここに行くのね。40分弱のフライト時間で帰島。

P6200242

石垣、暑い!!と空港ターミナルを出て叫んだ。
___________

飛行機代大人2人分(預け荷物は1人頭30kgまで):72,100円
空港ホテル間送迎(チャイルドシート1台追加)片道:NTD 1,750(6,614円)
Wi-Fi端末(無制限4GポケットWi-Fiレンタル5日間):NTD397
ホテル(台北ガーデン ホテル4泊トリプルルーム):NTD19,137.75 (70,151 円)
レストラン5人+幼児:¥23,900円

1台湾ドルは約4円と概算して見てました。

___________

帰ってから見た映画
『ヤンヤン 夏の想い出』
『台北ストーリー』
『海角七号 君想う、国境の南』

そのうち見ようと思う映画
『セデック・バレ』
『悲情城市』
『KANO』

石垣で見たことあるドキュメンタリー
『はるかなるオンライ山〜八重山・沖縄パイン渡来記』
『海の彼方』

石垣で聞いたことある台湾原住民のレゲエシンガー
MATZKA
___________

李登輝元台湾総統が沖縄の慰霊の日に本島に来ていた。95歳。台湾の未来をどう見ているのか聞いてみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

台北-女三世代旅PartⅢ-③

台北で目覚める2回目の朝。オニコはいつもすこぶる目覚めが良くて、むくっと身を起こすとぽーっとする時間も取らずにニコッと笑ってオハヨー!と言う。夜もよく寝るし、基本ぐずることがないから旅仲間として気軽でいい。

この日は、台北在住の叔母夫婦に会うことになった。上引水産にて待ち合わせ。前夜に街角で拾ったタクシーの運転手さんが沖縄に何度も遊びに来てる人で、色々話してくれる。オニコのお話にも翻訳アプリを通じて辛抱強く付き合ってくれる。ミンサー織りのストラップもつけている。気安い。上引水産には、この運転手さんに連れて行ってもらうように時間を言っておいたので、スムースに行けた。

P6180099

叔母、叔父と路上の市場を練り歩く。野菜、果物、魚、肉、端午の節句ともあって粽もたくさん。果物は石垣で見かけるものと被っているのが多いけど、種類も数ももっともっと多い。

P6180100

台所あればなあ、滞在日数も1週間あればなあ、色々買って味見できるけど、その辺は諦める。ほんの少しだけの気持ちで、粽ふたつと台東のココナツとタイのドリアンを買う。

P6180106

ココナツは、丸ごとの実をその場で穴開けて、ペットボトルに入れてくれる。この日はいったんホテルに帰るつもりが結局帰らずに、このペットボトルを冷やさずに持ち運んでいたけど、飲みきった後でもお腹壊さないで済んだ。ココナツジュースって薄い甘みのものが多いけど、これはしっかり甘みがあっておいしかった。

P6180107

無人島にココナツがあって、ジュースを取れたらめちゃくちゃ嬉しいよなあというロマンを飲む。

P6180109

粽はベジタリアン率10%の台湾とあって、屋台にベジタリアン向けと書いてあるのもある。買ったのはお肉入りと具なし。おじいが錆びの浮いた自転車で引っ張って来ている、飾り気のない、素朴な粽屋だ。

P6180110

P6180123

上引水産は、おしゃれスポットだ。水槽に魚やカニ、エビが入れられていて、立ち食いや炭火焼き、寿司などを提供している。オープンエアのレストランに入って、海鮮焼きをランチにする。ここ、ミストが頭上から降ってくるがこれが湿度を上げてくれて、とにかく蒸し暑い。蒸し暑さには慣れてはいるけど、さらに熱々のものを食べるとなると、汗が胸を滴る。冷えた炭酸水が体に沁みる。

P6180130

叔母夫婦は在台歴16年。来た当初は台北のタクシーは運転手さんが車内で生活してるのも多かったけど、だいぶそういう人は姿を消して車も臭わなくなり、道路もどんどん整備され、全般にきれいになったらしい。


ランチ後は叔父はいったん帰宅。叔母とお茶屋さんに向かった。オニコはみんながお茶を試飲している間、クーラーの効いた店内でお昼寝。

P6180140

茶菓子をかじりながら冷茶に始まり、梨山の春茶に、阿里山のお茶に、鉄観音に、etc。お店のテレビで大阪の地震を知る。M6.1、最大震度6弱。

P6180141


P6180142

叔母ともいったん別れ、夕方まで近辺を散策する。お茶を飲みすぎてるからこれだとすぐトイレに行きたくなるなあと思って、行きたくなる前にセブンイレブンに入っておく。

フットマッサージ屋さんがあったので入ることにする。人生初のマッサージ体験、私は20×2才、オニコ3才。

35662129_10215998228129628_12791742

大人は30分コース、オニコはみんな終わった頃に体験版で3分コース。大人がマッサージを受けている間、オニコは静かにするように言われてたから、私と他2人の間をそーっとうろうろして、囁き声で他2人のやってること(私は最初の足湯はやらなかったので)を私に伝えに来て、そのあとは母親のとこでおとなしくしていた。

ストリートを適当に流して、乾燥白キクラゲやらカラスミやらをお土産に買う。

Img_0305

台北で働くドラえもん氏とくまモン氏。

Img_0310

雨がポツポツ降り出したので、少し早いけど、タクシーをつかまえて予約してあるレストランに行く。台湾初心者だから、小籠包をちゃんと食べておこう。叔母夫婦も到着。

點水樓、南京店。

P6180150

オーソドックスな小籠包と蟹味噌小籠包を注文。

點水樓は小籠包の食べ放題をやっている店舗もあるので、大食漢ならそれもよし。現実には3、4個も食べれば大満足。

P6180155


Img_0315

デザートは焼いてある愛玉子。

鱈腹食べて、解散、夜遊びはしないでまっすぐホテルへ戻った。


子供は後先考えないで突っ走る。

ホテルの部屋にある灯りという灯りを消して行くオニコ。

暗いよー、つけてよー、と言っていたら、E子が窓辺に座って夜景綺麗だよと眺め始めた。それを聞きつけて、猛然と窓に向かうオニコ、はい、こけました。

窓辺に寄せてあったベッドの端っこから滑って、したたかに窓の桟に顔を打ち付けた。ギャーーと火がついたように泣き叫ぶ。怪我をチェックするE子。下唇から出血している。歯の跡がくっきり。ひとまず歯は折れてはいなかった。唇は腫れるかもねと、やっちゃったことは仕方ないと宥めて寝かせた。寝かせたあと、E子はひとり夜の街へ。カルフールでじっくりお買い物を楽しんできた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

台北-女三世代旅PartⅢ-②

朝が来た。
変圧器の働きのおかげで呼吸器は問題なく稼動して、眠れた。ひと安心。

P6170015

前夜の残り物を朝ごはんにし、さてどこに行こうかと地図を広げる。ホテルから近いところに古刹である龍山寺があるので、そこを目指すことにして出発。

P6170016

歩き始めてすぐに汗だくに。ぷらぷら行くと剝皮寮と書いてある何やら風情のある建物に行き当たったので、入って早速休憩。3歳児、ここで遊ぶ。多目的トイレも完備してたので使ってみる。剝皮寮は、その昔、船で運んできた材木を下ろし、その皮を剥いでいたことに由来する名前で、Game of Thronesを見たばかりの私が一瞬思い浮かべたおどろおどろしいラムジー・ボルトンのとは違った。建物は清の時代にあったものを復元してあって、映画のロケに使われたりイベントに使われたりしている。

P6170019


P6170020


P6170021


P6170023

壁に描いてある絵がかわいい。

P6170025

3歳児、剝皮寮でトイレしたいと言っていたけど、彼女のお眼鏡にかなうトイレがなくて、堪えた。

P6170036

龍山寺に到着。暑い。龍山寺にもちゃんとトイレはあったけど、ここでもやりたくないと言うのでそのまま持ち越し。台湾旅はこの後もトイレ行きたい→このトイレはいや→我慢、のループ。使えるトイレに当たるまで本人はずっと我慢、母親はずっと抱っこして探しに行く、なんてことがよくあった。お疲れさん。ちなみに、いやと言ってたトイレは別に汚いからという訳ではなく、まだおむつから卒業したルーキーとして、いろんなトイレに慣れてない分、少しでも完璧でないとダメという理由で却下されちゃうのだ。おばちゃんになって、トイレが近くなるとそうも言ってられなくなるのよ、ふふ。

台北のトイレ事情は車いす使いにも十分優しかったです。

P6170038

龍山寺はたまたま西側から入ったのだけど、ここがスロープあって車いす用入り口だった。正面はあとから見物。

P6170042

お供え物がたくさん置いてある台の脇にしばしいて、拝む人たち、占いをやる人たちを眺める。

P6170048

3歳児はお線香持っておじぎ。

P6170057


P6170060


P6170062

参拝を済ませたあとは、行列を作っていたおかゆ屋さんでお昼を仕入れてみる。周記肉粥店。お鍋持参で来ている人もいて、日常に溶け込んでいそうなお店だ。店内で食べる人と、持ち帰りの人とに列は分かれ、とりあえず持ち帰り客として代表で妹が並ぶ。お店のお兄さんに何か聞かれ、よく分からないまま適当に頼んだというおかゆを持って一旦ホテルへ戻った。揚げたお肉が入ったおかゆ、汗かいた後でおいしかったのは言うまでもない。

午後は、ハハがマッサージに行く間、他は休憩。3歳児殿にはお昼寝をしていただく。

P6170066

夕方、布地など手芸用品を売っている永楽市場に向かう。建物全部が布地屋さんなのだが、この日はあいにくのお休み。端午の節句だから休みが多いとは聞いていたけど、それでもかろうじて数店開いているところがあったので、そこを見て回る。そのうち3歳児が建物の中にいるのを嫌がり始めたので、撤退した。

物価という面では台湾は日本と変わらないものが多くて、生地も問屋と言っても格安にっこりっていう感じではないかな。

P6170071

外に出てうろちょろ。

P6170077

おいしそうな豆花・かき氷屋さんがあって、一度スルーしかけたけど入っておこうかとなって入店。壁には日本のテレビに出たとか日本のイベントに出店したとか写真が貼ってある。豆花は豆腐があったかくて、豆とシロップとのバランスがよくて、タロ芋団子がもちもちで、要はうまい。びっくり。かき氷はマンゴーたっぷり、ふわふわ牛乳氷。このお店、帰りに通った時には大行列で、とてもじゃないけど私が入る余地なんてなくなっていた。

P6170081


P6170085


P6170086

寧夏夜市が近くにあるので、攻めてみる。なんせすごい人混み。この夜市はストリート一本だけなので、まあなんとかなるだろうと、狭い通路に突っ込んでみた。ちょっとずつ人垣の中を進む。エリンギだけを焼く屋台、ソーセージが並ぶ屋台、ヌードルの屋台、いろいろある。人気店になると行列になっていて、進むのも一苦労だ。

P6170088


P6170090

買いやすそうなところで、臭豆腐を買い、餃子店で水餃子を買って、そこの椅子とテーブルを使ってお夕飯にした。この夜市、小学校に面していて、日中は全然違う通りになるんだろう。

P6170092

暑くて冷たいものが飲みたくて、屋台でオレンジジュースとスイカジュースを購入。搾りたてのジュースで一日を終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

台北-女三世代旅PartⅢ-①

女三世代旅行、北見、長崎に次いで第3弾は台北5日間旅、3歳児オニコ初の海外デビューです。

2018年6月16-20日。
石垣-台北:14:35-14:30
台北-石垣:11:40-13:35

時差は1時間。

P6160001

出発地は石垣島。チャイナエアラインが週に2回飛ばしている直行便を利用します。これ、チケット買った後で色々申告する際に、私の使っている呼吸器はチャイナエアライン認可のものではないから乗せられないと言われ、呆然。この機種ははFAA認証の一般的なもので、他の航空会社ではそんなこと言われたことないのに。だけれども問い合わせを重ねる中で、搭乗時に使用しないということを医師に書いてもらえるなら搭載だけはOKとなり、最終的に出発の2日前に「乗ってよし」と許可が下りるという、旅行だわーい(^o^)/という気持ちが起きるより、行けたらラッキー、行けなかったらチケット代や各キャンセル代に泣くなという暗いモヤモヤ感の湧く旅の事始めでした。

そんなわけでガイドブックを見る気も起こらず、どこに行こう、何食べようという計画は一切立てずに出発。何か台湾関連のものを読もうと思って広げたのは、リービ英雄の小説二編と小林よしのりのゴーマニズム宣言と戴國輝『台湾という名のヤヌス』。近現代史が脳内に空白を作っているから、台湾を少しでも知らなくてはと悪食混じりに読み散らかす。

飛行機には乗れることになったが、今度は直前に台風発生。しかも台湾から先島に向かってくるなんて、これっていつもとは逆のベクトル。弱小台風でも一時風雨は強まり、ほぼ停滞の天気情報にワジワジーしながら「早く進め」と念じ、当日は影響なく済んだ。桃園国際空港では那覇からの便は8時間ディレイとなっていたから、ほんと、ギリギリセーフだった。こういう先の見えないハラハラ感はできればしたくない。(台風情報画像はtenki.jpより。中心気圧は先島を過ぎた16日朝の時点で994hPaだった。)

Ty6

石垣空港へは搭乗開始時刻の1時間半前に行く。こぢんまりとした国際線ターミナルは、チェックインカウンターとイミグレーションカウンターと数m離れてるだけ。待合室には二台の飲み物の自販機があるだけ。香港に行った時も待合室はごった返していたけど、台湾に飛ぶ便でも同様に人でみっちり。設計した人は飛行機に乗る人数を考慮したのかしらと訝りたくなる。チェックイン後が暇だ。乗客は子連れ率高し。ただ、トイレはちゃんと車イス用もあるので気は楽だ。

P6160003

台北からの便が20分ほど遅れて到着。しばらくして搭乗開始。ボーディングブリッジは使えないので機体まで外を歩く。無事、離陸。フライトスケジュールは55分だけど、実際に飛んでいる時間は33分。シートベルトサインが消えると、急いで軽食のサンドイッチが配られ、高度6000mちょいの低いところを飛んで程なくして降下開始。あっという間に桃園国際空港に着いた。


P6160010

係りの人に連れられてイミグレーションを済ませ、両替もどうぞと言われたのでさくっと済ませ、荷物を引き取った。入国カードはあらかじめ家でオンラインでやってあって、通用するかなあと半信半疑だったけど、何も言われなかったのでそれで良かったらしい。簡単でよろし。

空港からホテルへは、子連れでチャイルドシート必要だったのと、車イスやらスーツケースやらがあったから、送迎サービスを予約しておいた。運転手さんを待つ間にポータブルのWi-Fi機器をレンタル。これもあらかじめ予約しておいたからさくっと。

送迎車は乗ったことないけど、まるでロケバスのような立派な車。快適。

宿泊先は台北ガーデンホテル。トリプルルームがあるのがここくらいだったっていうのが選択理由。日本語OKのスタッフさんが常時いるのも安心だ。予約時にシャワーブースにプラスチック椅子を置くように頼んでおいたらちゃんと用意してくれていた。

Img_0301

さて、ここまでは至極順調にきていたのだけど、チェックインして部屋に入り、まずは呼吸器をプラグにつなぐと・・・アラームが鳴る。別のところはどうだ?こっちもダメだと繰り返し、全プラグダメだと分かる。電圧が安定していないっぽい。だんだん内部バッテリーの目盛りが減っていく。一晩はもつとして、翌日からどうしよう・・・。まさかの徹夜か?五年前ならまだしも、今は呼吸器なければ体力が続かない。心臓ぱっぱらぱー、きつい頭痛が起こる。E子が呼吸器を持ってロビーに行き、了承を得た上でプラグに挿す。アラームが鳴る。とそこで、ホテルスタッフさんが以前にも同じことがあって変圧器で対応したと、特に驚くこともなく言って、技術部の人を部屋に呼んでくれた。沖縄の医療機器業者にも連絡して、変圧器にしばらくつなぐと大丈夫になると言われ、それに望みを託すことにした。はじめはアラームが出ていたが、警告音はおさまり、夜には通常モードになった。変圧器さまさま。前例があって良かった。E子はトラブルあってこその旅だと鷹揚に構えていて助かった。

呼吸器問題はひとまず変圧器に任せ、初日の晩はホテル近辺をうろつくことにした。

Img_0285

若者の街、西門町Ximenへ引かれていく。MRTの駅のところから人がどっと増える。駅の周囲は、大陸ではご法度の法輪功がらみのグループが活動している。繁華街は土曜日ということもあって人にぶつからずに歩くのは無理っていう、島人には怯えるばかりの人出。ギンギラギンのネオンに騒々しいBGM。映画館もあって楽しそうではある。

気軽そうな海鮮料理屋さんがあって、若者中心に栄えていたので、入ってみる。適当に注文。漢字が読めない。類推していく。

Img_0291

羊肉の炒めものがピカイチにおいしかった。頼みすぎたので持ち帰り。

ホテルの前の交差点を渡ってカルフールに入る。9時を回るというのに、お客さんいっぱい。子供も目につく。食品売場のフロアをざっと見て、水や牛乳、ヨーグルトなどを買い込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

5/17-31チーバくんちへ

S__5472275


2週間の房総半島暮らしをしてきた。

到着後、部屋で休んでると3才半ばのオニコさんが保育園から帰ってきた。
「Mしゃんとばあばがいると嬉しいねえ」と彼女が得意とする、これ言ったら嬉しいよねゼリフを決める。

5月は房総半島もあったかい。ともすると暑いくらい。

朝、

あったかくしようか。(床暖房つけようとする😏)
いらないよ。
つけよう。
今日はあったかいからいらないよ。
ばあばの足、床歩いたら冷たくなっちゃう。
大丈夫だからいらないよ。
つけてあげるよ。
熱くなるからいらないよ。
熱くならないよ。あったかいんだよ。

床暖房のボタンをいじりたいだけのオニコさんに、「お着替えしようか!ボタンとめられる?見せて見せて。」と気をそらせて事なきを得た。

18日は(金)はイオンモールでぶらぶら~、
19日は山女が泊まりに来て、
20日は神保町に一緒にお出かけ〜
21日はおうちでゴロゴロ、
22日は館山までドライブ〜、

Dsc08355


Dsc08362

23日は港北イケアでぶらぶら〜、
24日はニトリでぶらぶら、ばあばは銀座へお出かけ〜、
25日はおうちでゴロゴロ、
26日は幕張でレッドブルエアレース観戦、

Dsc08394


Dsc08401


Dsc08519


27日はオニコとお散歩&山女とディナー@ビストロE子、
28日はおうちでゴロゴロ、
29日はシネマでゲティ家の身代金を見て~、
30日は地元の回転寿司屋さんへ~

トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャ、トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャ〜

オニコは仕切り魔だから、会話してて相槌うつと相槌禁止するし、座る場所はやっぱり指定するし、言うセリフも決めてくるし、辻褄が合わないことは逐一指摘するし、すっかりテーゲー精神が身についた私としては、ええい、見逃せ、うるさーいと思うが付き合ったさ。

最後にチューしてくれたから良しとしよう。顔動かさないでねって言われつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

10/5-11/1

10/5-11/1、島を出てあちこち行ってきた。

オニコの保育園の運動会を見て、川崎でやったMonkey Majikのライブを見て、長野の麻績村と乗鞍に泊まって、新宿伊勢丹で高級ショコラを仕入れて、横浜トリエンナーレで現代アートを見て、東京のオフィスに顔を出して、アウトレットモールを冷やかして、オニコの七五三を見て、長崎に飛んで雲仙・島原・長崎市を見て、島に帰ってきた。

Dsc06257


Dsc06716

ふたつの台風に内地で追われ、焦がれていたアルプスも八ヶ岳も見えず、雲仙も散策できず、長崎でメイン目的が果たせず、ちょいと消化不良気味だけど、楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

西表に寝に行ってきた

今年は会う機会を逸していてすれ違いを重ねていた私たち。年の瀬も押し詰まる頃、ついに添い寝を遂げることができた@西表。

上高地以来のプチ旅女子会、泊まった先は西部の上原。宿を選んだのは私。Villa西表をピックアップした。1泊2食付きでひとり5900円。

12/23、夕方の便にて、上原行きは冬季にありがちな欠航のため、まずは大原港へ向かう。揺れは全くなし。

大原港からは安栄観光のバスに乗って4、50分のドライブ。面倒くさいと思っていたけど、これが案外いいドライブで久しぶりに西表の風景を外側サラリとだけとはいえ、楽しんだ。植生が石垣よりはるかに濃い。押し迫りくる。

バスの利点は宿の前に直に連れて行ってもらえること。

チェックインをして部屋に入って休憩。シングルベッド2台と二段ベッドがひとつある。常日頃野宿で鍛えている女帝さまは屋根があるだけで喜んでくれる。おまけに兄弟のうち下の子には夢となる二段ベッドの上段をゲットして嬉しがっていた。私は上の子なので当然上段なんて飽きてるわ~。

ご飯をいただき、22時就寝、朝は7時起床。

朝日を拝んだ。

Dsc03297


Dsc03301


Dsc03303


Dsc03307


Dsc03309

いい天気。大原港へ向かい、軽くトレッキングする女帝と別れてさくっと石垣に戻った。帰りも穏やかな海だった。

Dsc03311


Dsc03313


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

香港旅3-3

香港3日目。のんびり日。

みんなはマカオへ遠征、私とハハは午前中のんびり、午後からYちゃんと彼女の親友Sちゃんと一緒にお出かけ。

Pc050354

お昼は宿の近くでハハがヌードルを買ってきてすする。

スターフェリーに乗って香港島へ渡る。対岸のビル群が20年前より増えて海にせり出てるようにみえる。近未来的。

Pc050377

よく晴れて暑い。

1318

"Take away only"にイギリス英語を見る。

Dsc03168


Dsc03179


Pc050378


Dsc03185

石垣にはない大きなショッピングモールがここそこにある香港。東京で買うようなものをここで調達。円高ならもっといいのに。

Dsc03202

夕方はハハの高校時代の友人で香港在住の人と会うことに。九龍駅で5時半に待ち合わせてからスーパーに行き、サラダとお寿司を仕入れる。いざ、お宅訪問。駅から濡れることなく行ける超高層マンションの上の方の階へ。住人専用のエレベーターは超高速でしゅるっと上昇。耳に圧がかかる。

マンションの窓からの夜景がまばゆい。空中に浮かんでいるかのような非現実感がある。空調の効いた館内は夏場の蒸し暑いときならもっと下層の世界と切り離されそう。

そんなところでデザートにマレーシア産のドリアンを食す。濃厚な香り、ケーキのような味わい。

九龍の雲の上の世界から再び下界へ。

尖沙咀まで、タクシーで数分。

遅くなったかなあと思いきや、マカオ組が誰も帰っていない。どうしたんだろうと心配しつつ待っていると、2組に分かれて帰ってきた。時計は11時回ってたような。夕飯もまだで、お子ちゃんがよく頑張ったもんだ。どうやらいろいろハプニングに見舞われて、帰ってくるのが予想以上に手間取ったらしい。

そしてそんな中、マカオ土産に買ってきてと言っていたエッグタルトを1つもらい、勢い余って購入者の分までかじりかけのも食べちゃって・・・チーン、撃沈させてしまった。たかがエッグタルト、されどエッグタルト、食の恨みは恐ろしい。笑って許してもらう日は来るのでしょうか。

Pc060393

4日目。朝4:45に起きて、タクシーを3台呼んで空港へ。

空港のユニバーサルトイレが鍵かけてあって使用不可。

バスで機体近くまで行って乗り込む直前に機材故障で引き返し。

寒さとトイレ行きたさとバランスの取れない車いすで気持ちが落ちていく。

ひとまず一般のトイレに行ってすっきりさせる。

機材変更して再度機体へ。故障が香港にいるときでまだ良かった。代替の利かないとこだとLCCは途端に厄介になりそうで。

Pc060401

帰路は1時間半の空の旅。お昼過ぎにおうちに帰った。

どこかに雨傘運動の気配はあるかと思ったけど、主だったところでは見られず。でも香港は返還から20年近くを経て中国の圧力も強くなり、水面下ではいろいろ変わっているんだろう。表面上は自由貿易ならではのあらゆるものが安く手に入る元気な香港、だった。

滞在中、ネットは宿でwi-fi、そして空港で無料wi-fiを使用。その他にあらかじめamazonで香港で1週間使えるSIMカード\1000を注文して自宅でスマホ(Zenfone Go、デュアルSIM)に入れておき、香港到着後PINナンバーを入れてアクティベートした。便利な世の中になったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港旅3-2

香港2日目、おはよう。

Dsc03056

宿の窓からの景色。

Dsc03057

日曜日のこの日は私とハハはみんなと別行動。泊まってるところのストリートの角で10時半に友達カップルと待ち合わせて一緒に飲茶しに行く、という算段。

会えるかしら~とドキドキ、時間ちょうどに会えた。久しぶり!!と、初めまして、と挨拶を交わしぶらぶら歩くき始める。アメリカ人な彼も、香港人な彼女も、ふたりとも日本語OKなので、香港の街を日本語で歩く。

Dsc03059

車いす使いには攻略がなかなか難しい、海港城ハーバーシティモール内の飲茶屋さん、House of Jasmineへ。

お茶はプーアール茶とウーロン茶を頼み、飲茶はオーソドックスなものを選んでみる。

Pc040336

春巻、腸粉(チャーシューと野菜)、油菜(芥蘭:ガイラン)、海老餃子、大根餅、蒸しパン、豆花などなど。

Pc040341

鶏の足の煮込みも。

Pc040342

どれも繊細で、下ごしらえが丁寧なのが伝わる。大根餅が油っこくないし、腸粉も滑らか。

Pc040348

またまた満腹になったところで昼間の香港をネイザンロード沿いに散策。九龍公園は中に入ってフラミンゴを見る。日曜日はメイドさんの休日。公園はピクニックする人でいっぱい。公園以外でも各エリアにそれぞれの出身地ごとに集まって地べたに座り込んでお喋りに興じている。20年前と違うのはみんなスマホを持っていること。出身地ももっと多様になっている。

Dsc03083


Dsc03096

香港の歴史って知ってる?僕、こっちに来て知ったんだけど、ひどいよね、うんうん、イギリスがやったことってありえないよね、とか話しつつ進む。

ありえないことをやらかすのが人間の痛いところ。

Dsc03097


Dsc03106

あのミラホテルにスノーデンがいたんだって。へえ。

Dsc03120

香港の花、バウヒニア。特別行政区の区旗に使われている。

Dsc03121

ネイザンロード沿いのビルは横に張り出す看板が消えてスッキリしている。街も案外きれいだ。

何よりも歩道がとても良く設計されていて、車道との段差がごくごく僅かなので、バルセロナと引けをとらないくらいスムーズに動ける。びっくり。

唐突に歩道のスムーズさランキング。

バルセロナ、香港>日本>ブリュッセル>クアラルンプール

Dsc03126


Dsc03129

竹で組む足場は21世紀も健在だ。

Dsc03135


Pc040349

お茶休憩。油麻地にあるMido Cafe 美都餐室へ。香港の人が海外にいると恋しくなるというミルクティーを飲む。注文が○○ドル以上にならないと注文を受けてもらえないのだけど、お茶だけでは達しない。お腹いっぱいとはいえ、バターがどんっと乗ったトーストを足す。

Pc040350

旺角に到着。マーケットは激混み。

Dsc03147

夕方4時半すぎ、地下鉄の乗口を確認して、ここらへんでお開きにする。

Langham Placeで買い物。イギリスのスーパー、マークス&スペンサーでミンスパイやバターたっぷりのビスケット、お茶などを仕入れる。香港に来たらこれは押さえたい。このモールは日本のお店も並んでて、異国感なし。

Dsc03151

日が暮れ始めた女人街を一瞬だけ見て地下鉄へ。

Dsc03154

Pc040352

切符販売は機械のひとつに駅員のおばちゃんがついていて、行き先告げると早業でタッチパネルを操作してくれる。やっぱり人間がいるといいもんだ。機械自体がいくら簡単な使い方のものでも、初めて使う人はもたつくもの。旺角みたいな乗降客の多い駅なら小さなもたつきもあっという間に長蛇の列をつくっちゃうだろう。

何の前知識もなく地下鉄に乗り込んだけど、表示は分かりやすいから迷いにくい。ホームドアもついてるし、構内もきれい。地上と通じてる乗降口でエレベーターついてるとこにたどり着くのが一苦労ってとこだ。世界中どこでもそうだけどね。

ぴゅーんと尖沙咀へ帰って、夕飯に肉まんと点心をテイクアウェイして宿へ戻った。みんなはこのあと8時からのレーザービームショーに行くと言ってお出かけ。一緒に行こうかと思ってたけどくたびれてたので居残り。帰ってきた人たちの、んー・・・イマイチだった、いつ始まったのかもよくわからなかったという感想だけ聞いておいた。普段そんなきらびやかさと無縁の石垣人の心も前夜に見た夜景で満足しちゃったらしい。刺激は慣れとの無限のいたちごっこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港旅3-1

LCCの香港エクスプレスが6/16から石垣-香港間を週2回、ダイレクト便を運行している。片道2時間の旅と聞くと、東京よりはるかに気軽に行けそうだ。じわりじわりと行きたい気持ちが湧いてくるが、そこは何と言ってもlow cost carrier、コストの高い私のような客はあまり好きではないはず、と遠慮していた。

がしかし、行っちゃいました。それも、集団行動は避けているはずが、乳飲み子と小学生含め、計11人の麗しい女子でのグループ旅行です。

飛行機は各自バラバラに取ったので、値段もまちまち。最安の人は片道80円だとも聞いた(確認してないけど)。
私が取ったときは、人数によって割引が増えるキャンペーン中で、3人で取って手荷物20kgを1つ、水1本をつけて計58920円だった。預け荷物なし、水無しでひとり往復16980円といったところ。機内に持ち込めるのは7kgまでの手荷物1個と身の回り品1個。3泊ならこれでも十分だと思う。

宿はエアビーで予約。みんなで泊まれる広いところを探して、ひとり頭3泊で16164円。(実際にはあとからひとり追加したのでこれよりちょびっと安くなった。)

地方からの旅行ってとにかく交通費がかさばるし時間もかかるから、この直行便の価値は非常に高い。

色々面倒くさい私は、HKエクスプレス宛に搭乗前に医師の診断書や、呼吸器の情報および写真を提出。最初の問い合わせで「ただいま線路多忙につき繋がりにくくなっています。なるべく早く人工サービスにお繋ぎしますのでそのままお待ち下さい。」っていう電話アナウンスに脱力しながらも、丁寧な対応はしてもらえた。

診断書はメールに画像を添付でOK。これ、日本の航空会社もやってほしい。なぜいまだにFAXのみ受付なのか理解できないまま毎度FAX探しをしているだけに。

予約時
「土, 3 12月 2016 Depart:石垣空港 at 13:55  Arrive:香港国際空港 ターミナル 2 at 15:00 UO 3813」
「火, 6 12月 2016 Depart:香港国際空港 ターミナル 2 at 10:00 Arrive:石垣空港 at 13:10 UO 3812」

搭乗1週間前
「Sat, 03 Dec 2016 Depart:石垣空港 at 13:00 Arrive:香港国際空港 Terminal 2 at 15:05 UO3813」

出発時間が購入時と違う。帰りも9時発に早まっている。

12/3当日。

石垣空港に10時半に着く。おはよー、よろしくね、と同行者さんたちに挨拶。
石垣空港は新空港になってから一応国際線ターミナルもできている。ドア開けてチェックインカウンターまで何歩でしょう。数m。1機分のお客さんがたまるとめっちゃ狭い。カウンターが開いているのは10時半から12時まで、グランドスタッフが搭乗案内もやるのでカウンターは無人に。よって時間厳守です。

チェックインを終えると国内線ターミナルまでお出かけ。でないと居場所も食事場所もない。同行者とおにぎりを食べて香港までのエネルギーを摂取し、早めに国際線ターミナルに戻って、荷物と自分のセキュリティチェックと、出国手続きを行う。

何と言っても小さな国際線ターミナル。パスポートチェックから待合室まで何歩でしょう。これまた数m。待合室にはちゃんとユニバーサルトイレがあってベンチ、自販機もある。パスポートチェック前に自分の車いすから航空会社のものに乗り換えたので、もはやバランスの取れないこんにゃくボディは為す術もなくベンチに横たわる。マントをかぶって隠れる。同行者さんたちに見つかる。待合室には私たち以外はみんな香港人のよう。

いざ搭乗。ボーディングブリッジは使えなくてタラップで乗り込む。以前の石垣空港はチカラ君が使えないANAなんかだとタラップを階段昇降機に移って上がっていったけど、今は乗ってる車いすのまま上がれる。

HKエクスプレスの機内はとりたてて狭さを感じるわけでもなく、リクライニングができないとかシートポケットがないとかでむしろすっきりしている。

香港着、15:46。出発が30分近く遅れた。時差はマイナス1時間。

Pc060396

HK空港はさすがの広さ。ターミナルビルまで電車で移動付き。入国審査を経て預け荷物を取りに行く。グループ全員ここで揃ったところでまずは両替。うちは5万円をHKドルにした。1ドル約15円。

タクシーで3台に分かれて宿泊先へ。幅の薄い高層ビルが林立しているのを眺めつつ40分のドライブ、着いた先は尖沙咀、繁華街のど真ん中。宿をエアビーで取ったので中に入るためには管理人とコンタクトを取らないといけない。Yちゃんにお任せ~。

無事、部屋に入れた。3ベッドルーム、2バスルームつきのアパート。おおよその部屋割りをして荷ほどき。

Dsc03010

初日の夜は前もってYちゃんが予約をしてくれた潮州料理へ。プラプラ歩いて向かう。街はクリスマスモード一色。人がとにかく多い。

Dsc03017

重慶大厦(チョンキンマンション)が宿泊先・・・ではなく宿泊先近くの目印。

Dsc03023

香港には20年前にも来たことがある。20年の歳月を経てペニンシュラホテルの前にいる。

Pc030309

ミラモール内のおしゃれなレストラン、百樂小館に入る。さあどんどんオーダー入れよう。胃袋はたくさんある。少しずつ色々食べよう。

煎蠔餅(牡蠣のオムレツというかお好み焼き)に滷水鵞片(ガチョウのローストの漬け込み)、パリパリのエビ、カニチャーハン、ホタテチャーハン、豚の内臓のスープ、油菜、デザート2種などなど。

Pc030312


Pc030314


Pc030316


Dsc03038

満腹この上ない~。

石垣より若干冷えるものの、食べたあとは空気も暖かく感じる。ちょいとみんなで散策して夜景を見に海辺へ。この界隈はとにかく人が多い。自撮り写真に勤しむ知らないおねえさんに、kawaiiと言ってみる。ふふっと笑っていた。

プロジェクションマッピングやクリスマスイルミネーションを見て宿へ戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧